前へ
次へ

きのこ料理で、色々な調理法を楽しもう

健康の事を考えて、普段から多く摂りたい野菜。
けれど、雨などの気象によって値段も変動するため、

more

ハンバーグの調理法で必要とされるナツメグ

料理をするときにはメインの食材以外に様々な料理に使う調味料があります。
塩、砂糖は世界で使われ

more

夏の食中毒を防ぐために大切な調理法

夏の料理は食中毒対策が必要となります。
食事を作る前、作った後など慎重に行動することで防ぐこと

more

蒸したり揚げたりする調理法

調理法の1つに、蒸す調理があります。
蒸し器がなくとも、鍋でも可能です。
無水調理では、洗った時についた水分だけで調理ができるので、栄養が水に溶け出す心配もありませんし、何より、食材の色も損なわれないのが特徴の1つです。
調理に使う鍋も、熱伝導性が高く、保温性に優れていることで、食材を全面から加熱してくれます。
蒸し煮、蒸し茹で、蒸し焼き、こうした調理が楽しめます。
ふっくら、こうした料理に仕上げるためには、蒸す調理法が適しています。
遠赤外線効果のあるプレートなどを使用することもあります。
ハンバーグも中華マンもスチームの力でふっくらさせられます。
ハンバーグは、焼くことで肉質が硬くなりやすく、中華マンは生地がパサついてしまいがちです。
スチームの力で水分を閉じ込めてくれたり、加えたりすることで、ジューシーでパサつかない仕上がりです。
これは冷えた料理を温める際にも応用できます。

健康にも良い新種のシイタケ
食物繊維・ポリフェノールが圧倒的に多いため、健康維持への効果も期待できます。

自宅でも美味しく調理できるようサポート!
初めて購入の方も美味しく召し上がれるよう秘伝のもつ鍋の食べ方案内をつけているのでお家でも美味しく作れます。

飲食店の集客などのお悩みを解決するアプリ
アプリを作成すれば、会員化を現場やお客様への負担なく行えるので楽に会員数を増やすことができます。

気軽に受けられる体験レッスンも行っています
レシピ代・ドリンク代込みでパン作りを体験できるレッスンが手頃な価格で受けられます。

簡単に宅配の弁当が注文できる店舗in大阪
ネットやFAX・電話などで簡単に必要な個数の弁当が注文できるので、簡単です。

カリッと、サクッと、こうした食感を楽しむための調理法は、油を使って揚げる方法が適しています。
カリッと、サクッとさせるためには、二度揚げがポイントです。
先に160℃程度で揚げ、180℃の温度まで上げてから焼き色をつけるように揚げる、これだけでカリッと、サクッとした音を楽しむことができます。
揚げ物では、どうしても油っこくなりがちです。
食材を油の中から取り出す際に、一気に取り出してしまえば、油が全体にコーティングされたままです。
そこで、食材の先だけ(端)を油の中につけた状態を数秒保つことで、食材にまとっていた油が先(端)に集中して流れ落ち、油切りがしっかりでき、油っこさのない揚げ物になります。
最近では、ノンフライ調理も定着化しています。
料理の幅が広がるノンフライ、オーブンレンジでできるのもポイントですが、トースターでも可能です。
ノンフライでも、重視すべきはサクッとした食感でしょう。
パン粉を先にフライパンで乾煎りしておくことで、揚げ物としての色味をつけることができます。
例えば、エビフライを作るなら、エビの下処理をして、下味をつけ、小麦粉と水と卵の液を作り、エビにまとわせ、キツネ色の付いたパン粉をつけてトースターで中まで火を入れるだけです。
わざわざ乾煎りするのは、油を一滴も使わないためで、なかなか揚げ物特有のキツネ色がつくまでに時間がかかりますから、利に適った方法です。

Page Top